ポリマーコーティングとガラスコーティングの耐久性の違い

建物の床に対しては、たまにワックスがけが行われています。言うまでもありませんが、ワックスをかけた後には床に独特のツヤが生まれます。
そのツヤによって、床の雰囲気が良くなる事もしばしばあるのです。
何も床だけではありません。車に対しても、ツヤが生じる事があります。その手段は主に2つあって、ポリマーのコーティングを行うか、ガラスコーティングのどちらかです。
どちらで作業を行っても、車に対して独特のツヤは生じる事になります。

ところで上記の2種類のコーティングは、よく比較される傾向があるのです。それでツヤの強さだけに着目をすれば、ポリマーの方が良いと評価される事もあります。
そもそもツヤが生じるとは言っても、程度の違いはあります。かなり強めなツヤが生じる事もあれば、若干は控え目な程度もある訳です。人によっては、前者の強めなツヤを望んでいる事もあります。
なぜならツヤがある車の場合は、独特の高級感が漂っている事もあるからです。それでポリマーの場合は、上記でも触れた通りツヤは少々強めになります。
ですから高級感を演出したいというニーズがあるなら、ポリマーの方が良いという意見も多いです。

それとポリマーは、比較的簡単に作業を行える傾向はあります。そもそもコーティングをするとは言っても、労力の問題はあるでしょう。自力でコーティングを行うなら、あまり労力をかけたくない事もあります。ガラスコーティングと比べれば、ポリマーは比較的簡単に作業を行える訳です。
こういった点だけを考慮すれば、ガラスコーティングよりはポリマーの方が良いと思われる事もあります。しかし様々な要素を考慮してみれば、却ってガラスコーティングの方が良い一面もあるのです。なぜならガラスコーティングは、持続性に大きなメリットがあるからです。

そもそもコーティングは、ずっと効果が続く訳でもありません。確かにしばらくの間はツヤなどを維持する事は可能ですが、それも永久に続くことはないのです。
それでコーティングによって、持続期間にはそれぞれ違いがあります。上記でも触れたポリマーというタイプは、そこまで長持ちしない傾向があるのです。
このためポリマーは、手間に関するデメリットが生じてしまう事もあります。確かに1回あたりの作業だけを見てみれば、ポリマーの方が楽ではあります。しかし持続時間が長くない訳ですから、しばらく日数が経過した後には、もう一度ポリマーの作業を行う必要があります。何回も作業を行うとなると、当然手間も大きくなってしまいます。

ところがガラスコーティングの場合は、効果が比較的長持ちする傾向があります。もちろん効果が持続してくれれば、何回もコーティングの作業を行う必要もありません。結局はポリマーと比べれば、プランが小さくなるとも言える訳です。

それと、そもそもガラスコーティングのツヤも決して悪くありません。現にそれは、ガラスコーティングに対する口コミなどを見ても明らかです。業者にコーティング作業を代行してもらった方々は、しばしばお店に対して口コミも投稿していますが、総じて好評です。以前と比べれば、周囲からの反応が大きく変わったという口コミも、かなり多く投稿されているのです。
しかもガラスコーティングの場合は、そのポジティブな反応が長続きするでしょう。良い評判を維持する為には、ポリマーは何回も施工作業を行わなければなりません。しかしガラスコーティングは持続時間も短い訳ですから、少ない手間で良い評判を維持する事もできます。

つまりガラスコーティングには、「維持期間の長さ」に関するメリットがある訳です。あまり施行に手間をかけたくないなら、大いにおすすめです。
ディーラーコーティングといっても、色々なコーティングの種類があります。
もしかしたら一般のユーザーさんはどのメーカーでも同じ種類のコーティングだと思っている方もいらっしゃるかわかりません。

確実にメーカーごとにコーティングの種類は違います。
良いものを使用しているメーカーもあれば、作業性を重視してコーティング性能は除外している場合もあります。
作業性のが良い点のメリットは作業軽減ができるため、作業者にとっては良いのですが、コーティングの性能は二の次の場合が多いです。

この場合はコーティングの効果効能は期待できないでしょう。

次に効果効能が高いコーティングでも、作業環境や作業車のレベルによって作業が簡略化されていたり、本来の作業環境と違う作業方法を取られていたり、大幅にコーティングが定着していなかったリと、様々な要因で本来の効果を発揮しない場合もあります。

コーティングの種類もたくさんありますね。ポリマーコーティングガラスコーティング、シロキサンを中心としたコーティング、セラミックを中心した商品などなど色々とあります。

コーティングを検討されている方は色々と勉強して調べてみるといいかもしれませんね!