ガラスコーティングを選定する基準とモース硬度の数字

「ガラスコーティングにおけるモース硬度の数値」
車に対するコーティングには、実は様々な専門用語があります。その1つはモース硬度なのです。
一言で申し上げると、モース硬度は何かに対して傷が付く確率に関わる数字です。その数字が大きい方が、基本的には傷が付きづらくなる訳です。
そしてガラスコーティングは、しばしばモース硬度で表現されるのです。ですから車に対する傷の付きづらさを考慮すれば、モース硬度の数字が高いタイプが望ましいと見なされる事もあります。
しかし結論を申し上げれば、必ずしもモース硬度が高い方が望ましいとは断言できません。実際には、様々な要素が関わってくるからです。

それでモース硬度というのは、様々な数字によって表現されているのです。1から10までの段階で表記されていて、基本的には数字が高い方が、頑丈な物になります。
例えばモース硬度が2のレベルですと、せいぜい石膏くらいの硬度になるのです。また2.5という数字でしたら、人間の爪くらいの硬度になってきます。
ちなみにスマートフォンの盤面などは、だいたい5程度だと言われています。ナイフの刃よりも少しソフトな程度ですから、かなり傷が付きづらい数字であるのは明らかです。
ちなみに最も大きな10というモース硬度であれば、実にダイヤモンドくらいの硬さになります。

ところで肝心のガラスコーティングですが、数字はとても多彩なのです。そこそこガラスコーティングと言っても、選択肢は色々あります。
モース硬度が3ぐらいのガラスコーティングもあれば、4.5くらいになっているタイプもあります。ちなみに4.5というのは、コーティングの中でも一番頑丈なタイプになるのです。
それで上記の4.5と3という2つの数字だけに着目すれば、前者の4.5のコーティングの方が望ましいようには見えます。現に4.5なら、確かに3よりは傷は付きづらいでしょう。
ですから傷の付きづらさを重視するなら、4.5を選ぶ選択肢も浮上する訳です。

しかし、実はガラスコーティングはモース硬度だけで選べるものではありません。逆に、4.5ではあまり良くない事もあるのです。
確かに4.5なら、かなり傷が付きづらいでしょう。だからといって、コーティングに対して全く傷が付かないという意味ではありません。
そもそも上記で触れたスマホの盤面にしても、傷が付く事はよくあるでしょう。何か強い刺激が生じれば、盤面が割れてしまう事もあります。
ガラスコーティングは、そのスマホよりも数字が低い訳です。ですからコーティングに対して、割れが生じる事もあり得ます。
そして4.5という程度の硬さですと、かえって傷の補修が難しくなってしまう事もあるのです。ですからモース硬度が4.5のタイプが、必ずしも最適であるとは限りません。
むしろ状況によっては、モース硬度が3ぐらいのガラスコーティングの方が望ましい事もあります。

それと車体との相性にも注意を要します。確かに一部の車に対しては、モース硬度が4.5のガラスコーティングが望ましい事もあるのです。
しかし、それも車次第です。販売されている車は、非常に多彩でしょう。国産の車もあれば、もちろんアメ車などもあります。
それぞれの車によって、最適なモース硬度も異なる訳です。ですから別の車に対しては、4.5というよりは3の方が望ましい事もあります。

結局はどのガラスコーティングが良いかは、車との相性も考える必要があるのです。単純にモース硬度の数字だけに着目をするのではなく、多角的な要素を考慮した上で、最適なガラスコーティングを選ぶのが良いでしょう。

なおガラスコーティングの専門業者は、たいてい車との相性をよく知っています。ですからコーティング選びで迷った時には、業者に相談をしてみるのも一法と言えます。
たいていはアドバイスを行ってくれるからです。国産車のディーラーから輸入車のディーラーまで国内の新車事情は横ばいを続けています。
その中でもディーラーさんの収入源は車を売るだけではなく、付随品を販売施工することによってしのぎを削ってきました。
中でも電装品のナビはいち早くメーカーオプション、ディーラーオプション品となり大手量販店では売上が立たない現状になっています。
カーオーディオの取り付けや交換は純正品より社外品の方が性能が高いのです。

ヴェルファイアやアルファードなどのオプションに設定されていますが、メーカー品でないと使用できない機能がたくさんあるようです。
そのためメーカーオプションを注文するのですが、その価格100万円前後のナビオプションになることも珍しくないようです~~~

驚きです!

通常であれば10万円前後から高くても20万円前後のナビが70万、100万円になってしまうのです~~

電装品メーカーも大手企業の内製化商品になれば数は確実に出ていきますので、純正採用になれば他社を抜いて勝ちにいけるのですね!

一方純正オプションでは細かなニーズに対応できないのも現状です。時代の変化とともにニーズも多様化している時代です。
しかも早いです。そのために中小企業や小さなショップから発案されてくる商品にも価値ある商品がたくさんあるのです。

コーティングも一緒でディーラーさんのコーティングは長い年月をかけて利益を出し続け、ロングセラー商品しか扱いが出来ませんが、中小のショップでは最新のコーティングが数多く発売さていています。コーティングも電装品もちょっと外に目を向けてみると面白い商品がたくさんありますよね!
高性能なボディコーティングは千葉県や東京都で数十店舗の施工店が見つかりました。
自分にあったコーティング施工店を選ぶ事が重要ですね。

PR|カーオーディオ千葉|カーフィルム東京|