ガラスコーティングの施工方法について

さて、ドライブをするときに、飛んでいる虫がガラスにぶつかり、汚れたりするといやな気分になりますよね。
ガラスに付着した虫の死骸は、簡単には取れませんし、放っておくと車のボディに跡が残ったり、場合によっては塗装を溶かしたりすることも考えられます。
そういったことを軽減するためにも、コーティングは絶大な効果を発揮します。その中でも、わりと気軽に行える「ガラスコーティング」を行う際のポイントについて、ご紹介したいと思います。

まず、ガラスコーティングをする際に、忘れてはいけないことがあります。窓ガラスをよく水で洗い流しましょう。これは、ガラスの表面に細かな砂やホコリが付いているのに、
ガラスコーティングをしてしまうと、ガラスの表面を傷つけてしまうことにつながります。

次に、ガラス表面には油膜が付いていることがあります。特に、撥水加工のあるウォッシャー液を使用している場合は、ガラス表面に撥水の層ができています。この上から、ガラスコーティングを施工しても、コーティングの効果が十分に発揮できない可能性があります。
そのため、ここでまず行うことは、ガラス表面の油膜や撥水層を取り除くことです。方法として、ガラス表面の油膜取りをします。これは、市販の油膜取り剤と付属のスポンジを使って、油膜などをゴシゴシこすって取り除きます。油膜が取り除けたかどうかは、水をかけてみて水を弾くようなら、まだ油膜が残っているという証拠です。その場合は、油膜が取れるまでゴシゴシこすりましょう。

さて、油膜が取れたら、いよいよガラスコーティングを施工します。使用方法は商品によって違いますから、よく説明を読んで行ってください。ここでは、ガラスコーティングの大まかな方法について書かせていただきます。
まず、ガラスコーティング剤を車のガラス表面全体に塗ります。
このときに、気をつけなければならないことは、フロンとガラスは、撥水効果の高いものが良いですが、それ以外の窓ガラスは、揮発性の高いガラスコーティング剤だと雨天時の視界が悪くなる可能性があります。簡単に言うと、撥水性とは、水を弾くので運転席や助手席の窓に水滴が付いて、外が見えづらくなるかもし知れません。
よって、フロントガラス以外の窓ガラスは、撥水性ではなく親水性のコーティング剤がいいかもしれません。親水性のガラスコーティング剤であれば、雨天時でもガラスに水滴として付くことがなく、雨水が下に流れていきます。ドアミラーも親水性のガラスコーティング剤の方が視認性がよくなるかもしれませんね。

さて、ガラスコーティング剤を塗った後、商品によってはコーティング剤が乾いた後は拭き取りが必要なものもあります。これは、余分についてしまったコーティング剤を取り除かなければ、十分な効果が発揮できないということのようです。ちなみに、親水性のコーティング剤は、塗りこんだ後の拭き取りが不要のものが多いようです。

そして、塗ったガラスコーティング剤が乾いたら完成です。ガラスコーティング剤を塗ってから雨の日は、車の運転がとても楽になると思います。それは、ガラスコーティング剤を塗ると、視認性が劇的に良くなるからです。使用する商品や環境によっては、効果が持続する期間には差が出てきますが、運転がこれまで以上に楽しくなることは間違いありません。これまで、ドライブの後に大変な思いをしていた虫の死骸を取り除く作業も、ずいぶんと楽になりますよ、

最後に、ガラスコーティングを行う一番理想のタイミングは、洗車した後に行うのがベストタイミングかもしれませんね。ディーラーで施工できるコーティングやフィルムについてお伝えしたいと思います。

国産ディーラー、輸入車ディーラーを問わずコーティングやカーフィルムはどんな種類があるのでしょうか?
私の知っている限りでは、コーティングはポリマーコーティングとガラスコーティング1~2種類、カーフィルムは一種類がほとんどのようです。

一方専門のコーティングショップやフィルム施工店では、同じコーティングでも数十種類のショップもあり、カーフィルムでは三四種のパターンから数多くの商品を取り扱っています。
フィルムショップの色の濃さなどのバリエーションも豊富で色々な色を選ぶことも可能です。

コーティングショップ専門店ではメンテナンスや部分施工、事故時の対応、塗装ミスト除去、細部の汚れ取りやエンジンなどのコーティングからメッキのコーティングフィルムなど多岐に渡ってサービスを提供しているショップもありますので、一人ひとり様々なニーズや要望に対応が可能なのですね!

一方、自動車ディーラーさんでは一つのパターンでの販売がメインになってくるので、多岐に渡ったお客様のニーズには外注業者さんの知識を借りずには対応ができないのです。

色々なニーズに対応できる、プロショップとパターン化しているディーラーさんと満たしてくれるニーズを把握して依頼したいものですね。

PR|新車 コーティング|ランドローバー コーティング|カーセキュリティ クリフォード|