QMIガラスコーティング,CPCコーティング施工の感想

PR|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|JALカード|ネット副業|

新車購入時に、毎回ディーラーにオプションボディコーティングとして依頼しており、車種は異なりますが、いずれの車もパールホワイトですので、コーティングは不可欠だと感じています。
まず第一にお手入れの楽さです。

基本的に、水洗いのみです。洗剤なども一切使いません。
屋根つき駐車場を使用しているので、雨に濡れたり、遠出をしない限りそれほど汚れませんが、非常に汚れていると感じた場合のみ(3ヶ月に一度程度)高圧洗浄機で水洗いし、付属のスポンジで汚れを落とします。

水洗いの後は、ただただ水滴をやわらかい付属のマイクロファイバーの布でふき取るのみ。他には何も必要ありません。
これだけで、見事なくらいピカピカになります。

以前のように、洗剤で洗って、水洗いをして、ワックスをして、腕が疲れるほどふき取って・・・など手間隙かけていたことが嘘のようです。
新車購入時には、メンテナンスキッドも付属となっていますので、洗車の際にはこちらのスポンジ、マイクロファイバーの布を使う事が出来ます。

昨年は車を2台購入し、1台はメーカーにCPCコーティングを施工してもらい、1台は施工しませんでした。CPCコーティングは5年間水洗いするだけで、新車の輝きが続くという説明を受け施工してもらいました。

若い頃は、それこそ毎月のようにWAX掛けをしていました。しかし、年を重ねるにつれ、面倒になってしまい、汚れが目立つようになるとガソリンスタンドに持ち込んでいましたが、結構な出費になるのがネックだったので、1台だけ試してみることにしたのです。

その結果は歴然で、CPCコーティング施工の車は汚れが本当につかず、9ヶ月経った今でも、新車時同様の輝きを維持しています。一方施工しなかった車は、濃茶色であることもあり、雨の日の後には汚れが目立ち、乗っていて恥ずかしいくらいです。今では、CPCコーティングをしておけばよかったと後悔しています。

ただし、CPCコーティングも5年間メンテナンス不要ということではなく、半年に1回、ワックスのような皮膜保護剤を塗らなければならないことは、少し面倒です。この20年一度もワックス作業をしていなかったので、車を洗浄した後、乾拭きし、皮膜剤を塗り、ふき取る作業は、とても重労働で、作業が近づくにつれ、憂鬱になってしまいます。また、ワックスと違って、水をはじかない仕様は、少し違和感があります。

しかし、できるだけメンテナンスフリーを選びたい私にとって、CPCコーティングはベストな選択だと思っています。

最近の傾向では、QMIガラスコーティングという新商品も出てきて人気を博しているようです。ガラスコーティングはとても固く簡単には取れないとのことですが、半年に1回くらいはメンテナンスをしたほうが良いとのことでした。

もう1台について、ディーラーに相談したところ、半年以内でないと施工はできないとのことでしたが、コーティング専門店では、ガラスコーティングの施工ができるとのことでしたので、施工することを検討しています。

PR|貯蓄|家庭用水素水サーバー|お宝相互リンク|お小遣いNET|アダルトチャット|ケータリング 埼玉|SEOアクセスアップ相互リンク集|超SEO対策|